目の疲れをとるには温めよう!

こんにちは!

 

今日は「目の疲れ」のお話。

 

というのも私、視力が0.1ほどしかない上に、1年ほど前に飛蚊症になってから、目の健康に気をつけ始めたんです。

 

現代人はパソコンやスマホを長時間使用しているので目を酷使しています。

そこで、手っ取り早く目を休ませる方法として今回ご紹介するのが、

目を温める

という方法です。

 

その仕組み、方法や効果をご紹介しまーす!

じゃあいきまーす!

 

【目次】

 

 なぜ目は疲れるの?

f:id:hukurou03:20171112122829p:plain

 まず、目が疲れる仕組みについてお話します。

 

目は物を見るとき、レンズの役割をもつ水晶体の厚さを調節することでピントを調節しています。

その作業を行っているのが毛様体筋という筋肉です。

 

毛様体筋は近くのものを見る時にキュッと縮まることによってピントを調節します。

スマホやパソコンで作業しているときは近くにピントを合わせ続けるため、毛様体筋は縮まりっぱなしです。

 

つまり、毛様体筋、めっちゃ頑張ってます。

 

この状態が長時間に及ぶと、毛様体筋の緊張が解けづらくなってきます。

これが「疲れ目」です。

疲れ目になると近くのものから遠くのものにパッと目線を移した時に、すぐピントが合わせられなくなります。

 

さらに、この状態を放置してずっと近くのものばかり見る生活をしていると、毛様体筋が縮まったまま固定されてしまいます。

このような症状が重篤化すると「眼精疲労」になります。

 

 【疲れ目と眼精疲労の違い】

  • 疲れ目は「軽度の症状」で一時的
  • 眼精疲労は「重度の症状」で慢性的。肩こりや眼痛などを引き起こす。

 

つまり、目の疲れは毛様体筋の緊張が原因で、それは決して侮ってはいけないということなのです。

 

目が疲れたときは温めるのが効果的

f:id:hukurou03:20171112123044p:plain

 目の疲れは毛様体筋の緊張が原因というお話をしました。

その緊張をほぐすための方法として、温めることが効果的なんです。

 

お風呂上がりって体が柔らかくないですか?

そんな感じ。

 

冷たくした方がシャキッとして気持ちいい!という方も多いと思いますが、筋肉をほぐすという意味では逆効果です。

 

温める時のポイントはゆっくり時間をかけてじんわり温めることです。

 市販のホットアイマス蒸しタオルを使うのがいいでしょう。

 

私は寝る時や疲れた時にホットアイマスク、お風呂で蒸しタオルを使っています。

 

私はこの商品のゆずの香りが好きです。

他にもラベンダーやカモミールジンジャーの香りがありますよ。

 

  

蒸しタオルの上手な作り方が載ってましたので、こちらもご参照ください♫

ganseihiro-box.com

 

温めの効果は?

f:id:hukurou03:20171112123251p:plain

 

 目を温めると目が軽くなるような感覚があります。

ちょっとスッキリしているような。

気持ちいいですよ。

また、人によっては視力が回復するようなこともあるらしいです。

 

 その他にも、目が原因だった不調が改善される効果があり、以下のような効果も期待できるらしいです。

  • 肩こりが解消される
  • 集中力が増す
  • 倦怠感がなくなる

肩がこっているけれどマッサージで解消されない方は、もしかしたら疲れ目が原因かもしれません。

是非試してみてください!

 

最後に

 いかがでしたか?

 いまや若年層も疲れ目に悩まされる時代です。

温めるだけなら手軽に出来ますし、是非試してみてください!

 

 この記事はこちらの本を参考にしました。

 ↓この本、温感アイマスク(何度も使えるやつ)が付録でついています。(私は古本で買ったので残念ながら持っていないのですが・・・)

気になる人はチェックしてみてください!

 

 

ではまた♫