疲れ目対策! 簡単にできる方法を紹介!

こんにちは!

 

今回は疲れ目を改善する方法をご紹介します!

ポイントは手軽にできるということ。

 

簡単じゃないと続きませんからね。

じゃあいきまーす!

 

【目次】

 

遠くを見る時間を増やす

f:id:hukurou03:20171127165631p:plain

 同じものを近い距離で見続けると、眼球やまぶたを固定することになるので、次第に目の筋肉がこわばり、血流が悪くなっていきます。

目を意識的に動かしたり、景色や遠くの物を見る習慣をつけましょう。

 

簡単なストレッチ方法として、30センチほど先にあるものと、3メートルほど先にあるものを交互に5秒ずつ見つめてみてください。

それを1分ほど繰り返します。

1時間に1回を目安に行うと効果的です。

 

光の吸収量を減らす

f:id:hukurou03:20171127165450p:plain

 蛍光灯やパソコンなどの強い光を長時間浴びていると、だんだん虹彩の動きが鈍くなり、瞳孔が縮みにくくなります。

強い光を浴び続けるということは、目にとっては悪いことなのです。

目に光が入る量を少なくする工夫をしてみましょう。

天気の良い日に日傘をさしたり、帽子をかぶることは、日焼け対策だけでなく、目にとってもいいことです。

パソコンやスマートフォンを使うときは、目との距離を十分にとったり、光量やブルーライトを抑える設定にしてみてください。

 

スマートフォンを見るときはなるべく「下目」で見るといいでしょう。

下目とは、顔は正面のまま、目だけを下に向けることです。

上目遣いの反対です。

目が開いている範囲が狭いほど光が入りにくいんです。

ただ、見た目が滑稽かもしれませんので、一人のときにでも!

 

ちなみに「暗いところで本を読むと目に悪い」ということもよく言われますが、暗いことではなく、近いことが視力に影響を及ぼしていることが分かってきました。

暗いのは、目にとっては良いことなんですね。

 

まぶたを閉じる時間をつくる

f:id:hukurou03:20171127165749p:plain

 目は寝ている時以外は働きっぱなしです。

1日16時間から18時間働いていることになります。

そこで、意識的にまぶたを閉じる時間を作ってみてください。

エレベーターを待つ間やトイレに入っている時など、数秒でも目を休ませることが出来ます。

 

 「涙成分」の目薬を差す

f:id:hukurou03:20171127165407p:plain

 眼精疲労の人の多くはドライアイでもあります。

目が乾燥すると、目薬を使う方も多いのではないでしょうか。

 

疲れ目・眼精疲労対策としては、涙成分に近い目薬を使うようにしましょう。

【涙成分の例】

涙で目が潤えば、目に入ったホコリなどを取り除くことが出来ますし、視界のかすみも軽減されます。

涙成分入りの目薬を補助的に使うのが良いでしょう。

 

しかし、大抵の目薬には血管収縮剤が入っています。

【血管収縮剤の例】

  • 塩酸テトラヒドロゾリン
  • ナファゾリン

 

 血管収縮剤の効果で充血が取れることはありますが、それは一時的なものです。

それどころか、目が乾くからと目薬を何回もさせば、目はどんどん乾きます。

 

血管収縮剤入りの目薬はスッキリ感があるものが多く、いかにも「効いている」感があるのですが、根本的な改善にはなりません。

疲れ目対策には、「スッキリ!」ではなく「涙成分」を優先させましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

日常的にできる疲れ目対策をご紹介しました。

目は本当に大事ですからね!

気づいた時にでも試してみてください!

ではまた♫