就活・転職に! 適性は分解して考えると分かりやすいよ!

こんにちは!

 

今や転職は当たり前の世の中です。

また、副業を解禁する企業も徐々に出てきており、仕事の選び方は多様化してきています。

 

ここで考えることになるのが自分の適性

転職サイトの診断などを利用している方も多いのではないでしょうか?

 

いろいろな方法があるとは思いますが、今回は適性を分解して考える方法を紹介します。

ではいきまーす!

 

【目次】

 

「適性を分解」するとは?

f:id:hukurou03:20171130103540p:plain

「適性を分解」とはどういうことかというと、「作業の適性」と「興味の適性」に分けて考えるということです。

 

具体的にそれぞれ説明していきます。

 

作業の適性

f:id:hukurou03:20171130103906p:plain

私達は、義務教育内で一通りのアウトプット方法を実践してきています。

例えばこんな感じ。

 

  • 文章を書く
  • 話す
  • 英語の文章を書く
  • 英語で話す
  • 計算する
  • プログラミングをする
  • 文字を書く(書道など)
  • 絵を描く
  • 物を作る
  • 料理をする
  • 運動をする
  • 演奏する
  • 歌う

     などなど

 

こんな感じでしょうかね。

この中で得意なものから順位をつけていってください。

その比較的上位のものを使う仕事がいいのではないでしょうか?

 

また、ポイントは下位のものも順位付けすることです。

自分に合っているものだけでなく、合わないものを把握するのも大事です。

話すことがものすごく嫌いな人が接客業に就いたら苦痛でしかないでしょう。

「何を避けるか」も同時に考えることが重要です!

 

興味の適性

f:id:hukurou03:20171130105458p:plain

興味の適性とはそのまま「今現在どんなことに興味があるか」ということです。

ゲームが好きとか美容が好きとか、何かしらあると思います。

その時々で変わるものだと思うので、あんまり頑なにならず、これ面白そう!という自分の感覚を大事にしてみると良いと思います!

 

まとめ

作業の適性✕興味の適性の組み合わせで考えると、自分の理解が深まりますよ!

「将来どのような仕事が残っているか」や「何を選んだら勝ち組か」などを考え始めるとキリがありません。

あくまで「自分にとってどうか」という観点で選ぶのが大事です。

また、自分が決めたという事実も非常に重要です。

自分で決めたことであれば後悔しません。

そのためにはよく考えましょー!

考えて出した結論なら何でも正解!

今回の記事が少しでもその参考になっていたらいいなーと思います。

 

ではまた♫